KAGEX講座(33) – 遅延実行3(delaycancel)

delaycancelタグでは実行待ちの遅延実行を全て消去します。delaydoneタグや改ページでの強制実行ではその時点で全ての遅延実行が実行されますが、delaycancelでは実行されません。よく注意して使わないとバグの元になります。一応紹介しましたがdelaycancelが必要なことはまず無いので使わないのがいいです。
[kag]
@linemode mode=vn

@layer name=カード file=card show
レイヤを表示

@カード rotate=30
@カード rotate=60 delayrun=2000
@カード rotate=90 delayrun=4000
@カード rotate=120 delayrun=6000
@カード rotate=150 delayrun=8000
2秒ごとに30度ずつ回転[l]
@delaycancel
クリックした時点で残っている遅延実行は消去され、それ以上回転しません。
[/kag]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。